つくねとつみれの違いとは!?

ひき肉やすり身に調味料などを加え練ったものを成型した「つくね」と「つみれ」。普段何気なく使っている言葉ですが、この2つの料理の違いをご存じでしょうか?
鶏や豚のひき肉で作った物を「つくね」、
魚のすり身で作った物を「つみれ」と区別されている方もいらっしゃるかと思いますが、実はその違いは材料の種類ではなく調理方法にあります。
解説
「つくね」は、「手でこねて形を作る。手でこねて丸くする」といった意味をもつ言葉、「捏ねる(つくねる)」が語源とされています。つまり鶏ひき肉などを調味料と良く混合し、成型したものが「つくね」であり、その後の調理法により、つくね揚げ、つくね焼、つくね煮などと呼ばれます。
使用材料は鯖や海老などの魚介類もあり、鶏などの肉類に限りません。また、必ずしも団子状である必要はなく、串に刺した棒状や平たい丸形など、大きさや形状に決まりがないのも特徴です。
一方「つみれ」は、「摘み取って入れる」という動作を表す言葉「摘入(つみいれ)」が料理名になったとされています。鰯などのすり身を、調味料としっかり混ぜる工程までは「つくね」と同じですが、タネを丸めるのではなく、一口大に摘み取ってだし汁の中に入れたものを「つみれ」と呼びます。
竹筒に入ったタネをヘラで少しずつ鍋に入れる「つみれ鍋」は、汁に「つみれ」のうま味が広がり、寒い冬の定番鍋メニューとなっています。また材料も魚に限らず鶏肉や、郷土料理に見られる小麦粉やご飯の「つみれ」など様々な種類があります。
どちらも江戸時代に誕生した歴史ある料理、「つくね」と「つみれ」。調理工程や名前が似ていることから、その違いが少々分かりづらいですが、「捏ねる(つくねる)」「摘み入れる」といった語源を意識することで、区別しやすくなるかも知れませんね。

マンガ制作:ad-manga.com

参考文献
  1. 「たべもの語源辞典 新訂版」 清水 桂一 東京堂出版
  2. 「料理名由来考」 志の島 忠、浪川 寛治 三一書房

豆知識

メールマガジン会員登録

ご家庭に「おいしい」をお届けします。

三菱商事ライフサイエンス株式会社オンラインショッピングサイト 溢れるパワーの源!システインペプチド 毎日、頑張るあなたに。 100日間トライアル 送料無料 500円(税込)