中華

  • 【ラーメン】麺LABOひろ
    [メニューで選ぶ][ラーメン][中華]
    東急東横線「学芸大学」駅から歩くこと10分。閑静な住宅街に店を構え、地元住民と目的客の両方を集客して賑わうのが「麺LABOひろ」だ。同店の特徴は澄みきった鶏ベースのスープ。いわゆる「淡麗系」ラーメンとして見られがちだが何層にも重ねられた味わいの奥深さに魅了されてしまう。
  • 【中華】中華風家庭料理ふーみん
    [チャーハン][中華]
    連日営業開始前から行列ができ、40席の規模でランチ200〜250人、ディナー50〜100人を集客する繁盛ぶりを見せる「中華風家庭料理ふーみん」。創業は1971年で間もなく半世紀を迎えるわけだが、その人気はいまだ衰えることを知らない。同店の料理は台湾の家庭料理をベースに昔ながらのメニューと...
  • 【中国料理】源源飯店
    [中華]
    リーズナブルな飲食店がひしめく東京・四谷。この街の古い雑居ビルの8階で、開業から約15年間、多くの人に愛され続けている中国料理店が「源源飯店」です。上海の高級レストランで腕を磨いたシェフが日本人向けにアレンジしたやさしい味の本格中華と、料理を楽しみながら一望できる・・・
  • 【中国料理】蔭山樓
    [中華]
    東京・自由が丘に開業して10年目を迎えた「蔭山樓」は、フカヒレ料理とラーメンを二本柱とするユニークなお店。「ここまで足を運んでいただくためにも記憶に残る味を提供しなければ」と、総料理長が最も得意とするこれら2つに絞り込み、ひたすらおいしさを追求し続けています。
  • 【薬膳火鍋】蒙古苑
    [中華]
    日本有数の繁華街・歌舞伎町にある雑居ビルの5階。エレベーターを降りるとエキゾチックな入り口が待ち受ける。オーナーの下村さんが"薬膳火鍋"の店を開いたのは10年前。医食同源で健康・美容にもいいと、最近では女性にも人気の薬膳火鍋をクローズアップ!
  • 【中国料理】味坊鉄鍋荘
    [中華]
     ある国の特定の地域の料理を専門的に提供する飲食店には、料理そのものの味はもちろん、初めての食材や調理法に触れる楽しみもあります。2016年1月、東京・湯島にグランドオープンした「味坊鉄鍋荘」もそんなお店の1つ。主に扱うのは中国黒龍江省チチハルの家庭料理で、鶏ガラスープでラム肉を、羊スープで魚を煮るなど・・・・
  • 【中国料理】Natural Style Chinese Restaurant 「Essence」
    [中華]
    ナチュラルスタイルの中国料理店「Essence」のコンセプトは「天人合一=てんじんごういつ」。これは、人は自然界の変化に応じて生きて、季節にとれる旬の食材を食べることが養生につながるという薬膳料理の根本となる考え方で、健康な生活を送る第一歩となる。オーナーシェフの薮崎友宏氏は、この考えに基づき・・・・
  • 【中華料理】花彫酒家
    [中華]
    多種多様な食材をさまざまな技法で調理し、大皿から取り分けるスタイルで提供されるのが一般的な中国料理ですが、「花彫酒家」では、1人で来店してもたくさんの料理が楽しめるよう小皿料理を基本としています。しかもすべてのメニューが手づくり。老酒の酒糟を使ったザオユゥ(糟油)をはじめ、厨房で仕込んだユニークな調味料なども駆使しながら他店にない味を追求しています。
  • 【中華】中華香彩 JASMINE(ジャスミン) 広尾本店
    [ラーメン][中華]
    ドアを開けると、本場の香辛料がずらりと並ぶ棚が目に飛び込んでくる。ここは、中国の食文化に魅了され、"中国料理オタク"と自他ともに認める総料理長・山口祐介氏がオープンした店。10代から中国料理に興味を持ち...
  • 【チャーハン】新橋チャーハン王 肉Bar 霞が関店
    [チャーハン][中華]
    ご飯と具材を手早く炒めた手軽な家庭料理、チャーハン。中華料理店の定番メニューや、ラーメン店などのサイドメニューとしてもおなじみです。日本人の食生活に深く浸透したこのメニューを、米や油の選択から具材の種類や形状、炒め方など一つひとつを突き詰めて考え直し...
  • 【担々麺】中国料理 馥香(フーシャン)
    [ラーメン][中華]
    台湾の名店「馥園(フーイェン)」で腕を磨き、日本の有名店で料理長を歴任したオーナーシェフ・高木秋廣氏が、2004年に開業した「馥香」。名物は、本場仕込みの中国山西省流手延べ麺で作る特製担々麺。小麦粉を水でこねた生地を、左手と右手を巧みに使い細くのばして繰り出される麺が、まるで生き物のように宙を舞って煮立った鍋に...
  • 【中華料理】の弥七
    [中華]
    昭和30年代を思わせる温かくレトロな街並み、花街だった頃の面影など、一帯に漂う独特の雰囲気が多くの人を惹きつけてやまない東京・荒木町。食通の街としても名高いこの地に2014年夏、まったく新しい中華料理店が誕生しました。食材、調理法、盛りつけ、内外装まで、和のテイストをふんだんに盛り込み、落ち着いた空間で、シンプルな料理を、ゆっくりと味わうことのできる場を提供。季節感や見た目の楽しさも大切にしながら丁寧につくり上げるメニューには、若き店主のオリジナリティが溢れています。
  • 【餃子】您好(ニイハオ)
    [中華][餃子]
    您好(ニイハオ)の店主の野坂由郎さんは、20代のころ、中国出身の職人が働く中国料理の名店で修行を重ねたため、本場の点心の作り方とともに、中国の食文化にふれた。中国北方の小麦文化の中で生まれた餃子の成り立ちを大切に、手作りにこだわり抜いた您好の本格派餃子を紹介します。
  • 【餃子】神田餃子屋 本店
    [中華][餃子]
    古書店と学生の街として知られる神田神保町で、60年近く続く「神田餃子屋本店」の餃子は、国産の素材を使い、毎日丁寧に手作りがモットー。お腹を空かせた若者やサラリーマンはもちろん、素材の味を素直に生かした優しい味わいの、安心して食べられる餃子として、家族連れにも愛されている。今回はそんな老舗の味の理由を、二代目社長の森部賢さんにうかがった。
  • 【担々麺】美華園
    [ラーメン][中華][麻婆豆腐]
    新橋駅の地下に直結する美華園は、開業19年の中国料理のお店。家庭では味わえない料理が美華園のモットー」という言葉通りの自慢のメニューのなかでも、常連客が何度も注文してしまうのが、一度食べたら忘れられなくなる味の「担々麺」。その作り方に迫ります。
  • 【麻婆豆腐】龍の子
    [ラーメン][中華][麻婆豆腐]
    1977年に東京・原宿で創業した「龍の子(りゅうのこ)」では、和食や洋食の技術も柔軟に取り入れるなど独創的なアレンジで、一般的な四川料理をよりマイルドに、味わい深く仕上げて提供しています。
  • 【冷やし中華】 〜萬珍樓〜
    [中華][冷やし中華]
    11年前のリニューアル時に考案された冷やし中華は、「萬珍樓」のエッセンスが凝縮された逸品。2種のたれでいただくスタイルが人気。彩り豊かな夏の定番メニューをクローズアップする。
  • 【冷やし中華】 〜同發本店〜
    [中華][冷やし中華]
    専門の料理人が毎朝6時から仕込む叉焼は特に有名で、店先の窓越しに焼き上がると吊るされる叉焼は道行く人を引き寄せる力がある。その叉焼が具の1つにラインナップされる同發特製冷やし中華をクローズアップしました。
  • 担担麺 ~華都飯店(シャトウハンテン)~
    [中華]
    初代から娘、孫娘と伝わる馬家の家庭料理を、静かで落ち着いた環境でゆったりと楽しむ。
  • 上海蟹みそ入りふかひれスープ ~新世界菜館~
    [中華]
    味つけなしでおいしい自社養殖の上海蟹と、ワインさながらに楽しめる自社醸造紹興酒が2本柱。